FC2ブログ

Kaori Yoga

 06,2011 19:11
最近、忙しくても、ちゃんとブログ書いてます・・・笑。電車などでぼちぼちと書き足して、だんだん、うまく時間を使えるようになってきました。

というわけで、私のヨガのスタイルについて・・・。

OMヨガって名前にちょっと戸惑う今日この頃。

いわゆるVinyasaって「ジャンル」は(だいたいこの言葉が指し示すところの曖昧なこと!)もう、その人その人で違うのですよね。アシュタンガのようにシークエンスが決まっているヨガでさえ、先生によってかなりクラスの質感は違うと思います。なので、細かくアサナの順番が決まっていない、それぞれの創造性が尊重される、となると、個人の身体と感性と知識と経験と、さらには志向・嗜好・思考の違いなどで、もう百花繚乱です。

同じOMヨガなのにどうして違うのって聞かれることがありますが、OMヨガの方法論は同じでも、先にあげた個人個人が持つ要素で、浮かび上がってくるクラスはもう大きく違うだろうなぁ、って思います。それゆえにおもしろい。同じである必要はないというか、むしろ同じである「はずがない」のですよね。そしてこのことは、どんなヨガにも言えることではないかと思います。

私の研究も学際研究、かつてInter-disciplinaryと呼ばれ、そのうちTrans-disciplinaryと呼ばれるようになったものでした。Trans(超=越える)っていいなって思います。内と外という政治的な境界を越えるのです。囲い込まれていない。自由です。研究においては、それがある意味、無秩序になりすぎて「研究」として成り立たないものがあるとの批判もありましたが、その一方で果てしない可能性を開き、研究の流れを大きく変えました。
Hybrid=混淆っていいなって思います。実はとても好きです。昔から規則や当たり前というのに縛られないのが得意でしたし・・・笑。あらゆるものを自分の配合でミックスして、絶妙の独自カラーとテクスチャーを引き出す、なんて理想だなぁ。

つくづく思うのですが、私はOMヨガでティーチャー・トレーニングを受けたし、その知識が確かにベースになっているヨガを教えているのですが、ヨガを始めた頃から今に至るまで、いろいろなヨガを経験し続けているわけだし、また、ヨガに限らずいろんなところで学んで、身体・思考ともにどんどん変化を経ているわけで、常に同じところに留まっているわけではないのですね。私のヨガは、「ヨガ以前の私」も含む、ありとあらゆる変遷を経て今に至る「私そのもの」なのではないかと思います。OMヨガって名前だったりするけど、実はKaori Yoga なんだよねって思います。

そして、OMヨガであるよりも、Kaori Yogaでありたいと思うのです。

そして、OMヨガが見えなくなる程に、Kaori Yogaになってゆけばいいなって思います。









スポンサーサイト



Comment 3

2011.03.07
Mon
12:45

Kaori #-

URL

Re: Kaori先生へ

いつもありがとう。

私もまだまだ途中ですが、そしてどこまで行っても「途中」ですが、自分の生きてきた積み重ねが現れるようなヨガを伝えていけたらなぁ、と思ってます。テクニカルなことはもちろん大切だけど、それはほんの一部でしか、あるいは本当に基盤の一部でしかないように思います。後は、自分で切り開き、積み重ねることが大切だと。もちろん自分がResonateできるヨガを見つけることは大切だけど、○○ヨガとかXXヨガとかって、結局、それほど重要ではないなって思います。これからますます楽しみだね!

Namaste,

かおり

編集 | 返信 | 
2011.03.07
Mon
12:49

Kaori #-

URL

Re: No title

N** chan,

thank you so much for the warm message!
いいクラスができるように、日々、少しづつ自分の境界を押し広げ、積み重ねてゆきます。
ありがとう!

namaste,

編集 | 返信 | 
2011.03.31
Thu
22:53

Kaori #-

URL

Re: No title

Hello J*Nさん

お元気ですか~!メッセージありがとうござました。昨日まさしく「どうしてはるのかなぁ~?」なんて話してたところ!

普段のJ*Nさんのプラクティスをみてたら、とても運動オンチなんて思えないですよ!!!きっとちゃんと自分の身体と心の声を聞いてプラクティスされているのですね。あの浮くような軽さにはいつも感動します。

私は、とにかく走りに走った1年半だったので、ここらでリセットしなくてはと思っています。ゆっくり、自分に向き合う時間をとって、より一層精進してゆきたいと思っています。

OMヨガ、楽しんでいただければうれしいです。また是非!

かおり

Namaste

編集 | 返信 |