FC2ブログ

Feeling Free

 28,2011 14:01
今日は朝からちょっと一仕事しました。

NY時代の書類を捜す必要があり、帰国してからほとんど手付かずか、開けては必要なモノだけを引っ張り出しては、「片付けなくっちゃ・・・」というプレッシャーと共に蓋をして置きっぱなしにしていたダンボールの山を探索したというわけです。疲れた・・・笑。こうした思い出満載の山の中を探索するとき、寄り道せずに目的を達することはできず・・・あっちを覗いては、別の思いに引かれてこっちを覗き、立ち止まって読みふけり、掘り返しては目的のモノが見つからずに、自分の頼りない記憶を呼び起こそうとしたり、パッキングやオーガナイズする時の思考のくせから推測して探っては、また別のモノから別の思い出へと導かれ・・・。

実は、NYから帰国した時、30個以上のダンボール箱一杯のモノたちを引き連れて帰ってきました。モノを処理するのが非常に不得意な私。実はその大半は本です。本なんて、売り払って、また買えばいいのにって思うでしょうが、それがなかなか難しい。何せ自分の本には愛着があります。本に引いた線から、ちょっとしたコメント、本についた染みから、その本を読んでいたときの思い出まで。自分の視座がどこにあって、何が見えていなかったのか。逆に、見えなくなってしまっているのは何なのか、今の自分をマッピングしたり、新たにバランスを取ってみたり・・・。本に限らず自分の書いたものにはそうした楽しみがあります。もちろん手放せないのにはもっと現実的な理由もあります。日本に帰ってきたら洋書はやはり身近でない。いくつかの本はNYでも充実した古本屋でないとなかなか手に入らなかったり、手に入っても目玉が落ちそうなくらい高かったり・・・。

そんなにしてまで持って帰ってきた本たちをほとんど省みることなく1年半もの月日が過ぎていることに気がつきました。

NYCでヨガに出会って、大学院で研究を続けることにあまり意味を見出せなくなっていた当時の私は、とりあえず今後の道を模索しようと一旦帰国しました。これらの荷物には、もちろん衣類から生活用品まで含まれていて、それらを必要に応じてぼちぼちひっくりかえしていたわけですが、いくつかは手付かずで蓋も開けていない状態で放置されていました。私の中で、どこかで、また研究に戻りたいって思うかもしれない、やっぱりNYCに戻ろうって思うかもしれないという気持ちがあって・・・そうなったら、これらのダンボール箱をそのまま送り返せばいいって・・・。なんとなく片付ける気持ちにならなかったんだと思います。

ヨガを教えるということには不思議な側面があります。どこかつかみ所が無いというか、「仕事」そのものになりきらないというか。今の私の生活はヨガを教えるということを生業としてそれを中心に成り立っています。自分が伝えたいと思うヨガがあり、そこに希望があり、それにコミットする意思もあるのに、さて、じゃぁ今後もず~っとヨガの先生をしてゆきたいですか?って聞かれたら、自分でもわからないという。人生、どこに向かっているのかなど、わからないというのが本当のところです。あるいは、ヨガがそれを気づかせてくれたというべきでしょうね。実際のところヨガに限らず、何でもそうなんですよね。

できることは、ただただ、一瞬一瞬を大切に生きるのみだとつくづく思います。あるいは、1日を、1つのレッスンを大切に生きるということでしょう。毎日を、毎回を、精一杯生きる。後のことは適当に、そしてそれなりに、ついてくるのだと思います。

明日突然、私は全く関係のない仕事に就きたいと思うかもしれない、あるいは全く別の生き方を選択するかもしれない。それが訪れるのは、一ヵ月後なのかもしれないし、10年後なのかもしれない。あるいはそんな日は来ないのかもしれない。それら全てがオプションとして開かれている。それはとても自由な気分だとつくづく思った、梅香る、春雨の朝でした。





スポンサーサイト



Comment 2

2011.03.01
Tue
12:11

yo #-

URL

そうですねー。

僕も、昨年11月、chama師のスクールマネージャー募集に心浮き立ち、飛び込んだものの、結局転職出来ずに、今の立ち位置になってます。

今の職場で17年目を迎え、このまま1箇所で終わりたくない気持ちと、現実との間で時々気持ちが揺れ動きます。独りだからどうにでもなるのにね。

でも、身体はあちこちいけなくても、こころが拡がって、自由になれれば、どこでなにしててもいいような気にもなります。

きっとなる時にはなるようになるのだ、と。

だからKaoriさんが、いうとおり、目の前の一瞬一瞬を生きることにつきるなー、と。

なんか的外れかもしれませんが、このブログ見てぼくがおもったこと。

では、よい一日を~(^O^)/

編集 | 返信 | 
2011.03.01
Tue
13:28

Kaori #-

URL

Re: そうですねー。

Yo san

外れてなんかないですよ~!コメントありがとうございます。

ココまで生きてくると、結局、この方向へとかあの方向へとか、固い意志でコントロールしようとしても、先へと導くのは,実はそうした明確な意志だけじゃなくって、その周りで起っている物理的&心理的な積み重ねの変化によるかなって思います。

極端は視野を狭くしてしまう。あまり一極集中型で目的に固執してしまうと、その周辺で展開する色とりどりで繊細な世界を見逃してしまうように思います。あるいは私に余裕がないからそうなのかなぁ~・・・笑。

結局、おっしゃるとおり、心がオープンであることなんですよね。どのような未来にも展開にもオープンであること。後は、一瞬一瞬を大切に生きることですよね。

それ以外にないように思います。

Namaste

編集 | 返信 |