FC2ブログ

外反母趾のこと

 23,2020 11:10


8C229AF4-F816-4E9A-B9C2-189AAFD31475_convert_20201023105121.jpeg
親指を意識して足を置くとこんな感じにまで戻ります
すっかり力抜いて自然にすると、親指は第二趾の指先の方に傾きます


外反母趾です
それもかなり強度の

仕事でヒールを履いていたことも一理あるんだと思いますが
いつのまにか進行してました

外反母趾は構造からなる遺伝的なものもあると言われますが
実は母もそうで
私の足は今彼女のそれにそっくりな形になっています

足の形には子供の頃からコンプレックスあって(笑)
人の眼差しがそこに向けられると居心地悪くなりました

足の大きな国と足の小さな国の王子とお姫様が
魔法の湖の水に足をひたして
サイズを変えてからそれぞれの国を訪問するというお話は

そんな魔法の水があるといいなぁと思う反面
やっぱりみんな同じが良いんだなっていう疎外感も

外反母趾がひどくなって
焼けるような熱と痛みがでるようになると
尾ひれを脚に変えた人魚姫が
夜になると焼けつくように痛む脚を冷たい海水で冷やす
という、場面を思いました

足にまつわるお話っていろいろあるもんです、ふふふ



ヨガを始めた頃から
先生たちにも教えてもらって
あれやこれや外反母趾のケアをしてきました

程度も状況もいろいろで
また対応もいろいろあります

外反母趾でも
根気よくケアをすると
症状が軽いものは改善しますし
また、私のようにひどくなっても
症状とつきあうこともできます
また、足指を目覚めさせることもできます

私の場合
アーサナでポーズをとる時
拇趾球を強く踏むと
親指が回旋しながら内側に曲がります

ペースの早いヴィンヤサはもちろん
ランニングもウォーキングも
全て同じです

アーサナの時には
拇趾球の内側を意識しますが
それはそんなに簡単にはゆきません

トゥセパレーターや
テーピングなど
必要なサポートをしないで
また、運動後のケアをしないと
残念ながら、ひどくなったり痛みが増してしまいます

ヨガ解剖学の先生たちにもいろいろ話を聞きましたが
足を使う運動は全て
外反母趾があるとなんらかのケアが必要になり
また、ケアをしないで繰り返すと進行する可能性が高くなるだろうと思います。
(もちろん、その他の状況によりその程度も速度も多様です)

症状が進む・・・とは言え

やっぱりウォーキングは楽しいですし
トレッキングにも行きたい
ヴィンヤサも好き・・・

と、なかなあきらめられずにいるため
とにかくケアをするようにしています

先日のトレイルの後も
暖かいお風呂の中で時間をかけて
ゆっくりと足&脚のケアをしました

自分自身に対する慈悲ということも
例えば、痛みを伴うものであるなら
それをやめてしまうという選択もありますが

同時に

自分の体をよく聴いて
いたわり大切にする気持ちを育てながら
痛みをマネージする方法を探り
自分自身をケアする時間を持つ

という選択もできますね

その兼ね合いを探りバランスをとることを
重ねてもいいのではないだろうかと思います

足の形のために、あるいは
症状を緩和しなくちゃ、でケアするだけでなく
そこに自分の体をいたわる意識が加わると
長い年月重ねた時に
受け取るものが違ってくるように思います

自分を思いやる気持ちも持ちながら
まだまだいろんなことにチャレンジして
地平線を広げてゆきたいなと思います

よい週末をお過ごしください

love





【お知らせ】

2021年1月に外反母趾ケアの特別クラスします
プロップの都合で、Madhya 予定です
















スポンサーサイト