FC2ブログ

来年の手帳

 03,2018 19:14

毎年のダイアリー遍歴をこちらにずっと綴ってきたので

今年もこちらに書いてみます




***



ダイアリーに関しては

これと決めたものをあんまり使ってなくて

いつもあれこれ放浪します


この2年は、学習ノートのような薄いものにしました


ゴムで縛って

中にフライヤーやギャレリーのカードやら

ありとあらゆるいろんな「気になる」ものを挟んでいます

それらがするりと漏れ落ちないように

同じサイズのクリアファイルを中に挟んでます

 

私の場合、ダイアリーは極力軽く薄くに徹底します

 

予定は基本、PCとスマートフォンで管理します

 

ヨガや仕事に始まりその他もろもろ

一切のメモは縦型の別のノートを使っています

この形のノートが私には使い勝手がよく

会社に勤めていた時代からずっと同じタイプのものを使っています

ほぼいつもこのノートは肌身離さずです

 

NYCを訪問する時は

クロッキー用の小さなスケッチブックを用意します

これも荷物を軽くするように小さめを使います

毎年の旅の記録がそこにあります



IMG_0146_convert_20181103203238.jpg 



このどちらとも


表紙の紙が薄く

中の紙も薄くてページ数が多目で

それでいて重くない


というのが共通項です


表紙や端が少々ぼろぼろになっても私は気にしないタイプです

 

今日は、額縁を修理しようと画材屋さんに出かけたついでに

来年の手帳のコーナーをうろうろして

いろいろながめていました


いつも結構な時間、その場所で悩みます

これというものがなかなか見つからない・・・


そんな中

ちょっと視点を変えて

これを見つけました



IMG_0148_convert_20181103203349.jpg 



皮のカバーがついた

トラベラーズ・ノートブック

 

レフィルの一つ一つが薄いので

軽くしたい時は表紙を外してそれだけもって歩くこともできる


いろんなものを間に挟んでそしてゴムで留めるという

私のいつもの使い方と同じ


(この「ゴムで束ねる」というのが実は結構気に入っています。

そんなデザインでなくても、そのようにして使うのが好きです。)


皮の表紙は私としてはもう少し薄めが希望なんだけど

使っていくうちになじんで

味がでてくるだろうな


以前、インドのお土産にいただいた

革表紙と手梳きの紙のノート


あまりに素敵で

好きな言葉ばかりをそこに集めました

今も時々眺めます


このダイアリーもそんな風に使えるといいな


(でもやっぱり革はもう少し薄めがいいんだけどなぁ・・・

としつこく頭の中の声がつぶやいてはいるのだけど。)


まぁ、そういうわけで

味も素っ気もなく

全くおしゃれじゃなかった私のダイアリーは

来年はちょっと変貌します


トラベラーズ・ノートブックというコンセプトにも

ちょっと惹かれました


日々を旅するように


来年はそんな風になるのかな


そうなるといいなぁ




XO















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト