FC2ブログ

帰ってきました

 12,2016 20:48

ほぼ2ヶ月近くのNYC滞在から帰国して一週間が経ちました。 
滞在中に書きたいことがいっぱい頭に浮かんだのですが 
毎日しっかりプラクティスした後では
 iPhone や iPad で書くのはとても大変で 
結局、一度も書かずに終わってしまいました。 

書くということって 
私にはやっぱり大切で
そして大事な時間なのですが
この頃は特に
なかなか時間を見つけられなくて 
書くことがどんどんおろそかになって 
それがいつも心の底にひっかかってます。 

この秋は時間をみつけたい。 

いつも通り、NYCの時間はとても豊かでした。
 そしてなぜか今回はいつも以上に豊かな時間になりました。
 
楽しかったし 
いっぱい学んだり考える機会になったし 
インスタグラムにあげる写真は 
なんだか楽しいことばっかりみたいに見えますが 
実はいろいろと困難もありました。

 


IMG_7284_convert_20160812203951.jpg 


肩は治っていますがアサナの実践を考えると 
「治った」というのとは程遠い状態だったし 
先生についてプラクティスできるこの間になんとかなれば・・・ 
って思うから、やっぱり時間惜しんで励みました。 

その方向にプラクティス重ねてゆけば大丈夫
というのがわかっていても 
時々、あんまり痛いので涙がにじむこともありました。 
肩の調子が良くなってきたら 
今度は腰の方に激しい痛みが出てきたりして・・・。 
歩くという、当たり前に思ってることが
痛みでとても辛くなる時もありました。

その時はやっぱり一杯一杯になっちゃったな・・・。
 
悲しかったし
これ治るのかな・・・って不安でした。

痛みは、あらゆるレベルで苛みます。 

でも 
この2ヶ月近くの間に、肩は目を見張るほどに回復し 
そして腰の調子も、まぁ行ったり来たりのぼちぼちですが 
上向いてきました。

私の状態をみながら 
本当に慈悲深い指導をしてくださった先生たちには 
深く感謝しています。

 


IMG_7409_convert_20160812203336.jpg 


NYCを離れるのは
やっぱり寂しかった。 

先生たちと一緒にプラクティスしたかったし 
もう少し故障が回復するまで居たいと思ったし 
NYCには何よりいろいろ話できる友人たちもいるし
そしてここにいるととても自由でいられる。 

時間があって 
読んだり、ぼんやりしたり 
忙しい毎日の中で 
いろんな「習慣的パターン」に陥ってる自分に気がつくことや 
それを変える工夫の積み重ねをすること 
新しい何かに触れ 
心を震わせることで
緊張が少しずつ解けてゆくのを感じるのは喜びでした。 

NYCはやっぱり素敵で 
痛みがあっても 
励むことが大変でも 
それでもどこか楽観的で 
理由もなく喜びに満たされる私がいました。

きっと大丈夫
という
なんというか勘みたいなもの
faith が
内側にあった。

 


IMG_7242_convert_20160812203257.jpg 


日本に帰ってきて 
クラスでみなさんに会って 
一緒にプラクティスできて 
素直に
やっぱり嬉しいって思いました。 

猫や家族や 
友人たちや近しい人や ・・・

ふふふ
帰ってきてよかった。 

2ヶ月弱重ねてきた時間は 
励みになり 
自信になり 
勇気になりました。 

また次にNYCを訪問できる時が来るまで 
ここで丁寧に重ねていこうと思います。


 


IMG_6861_convert_20160812203516.jpg 


結構、がんばったよ私・・・ふふ


Love & Gratitude





スポンサーサイト