FC2ブログ

ハンズオンについて

 08,2016 00:07


先週末は Yoga Madhya で、Vinyasa のトレーニング
そして ハンズオンアシスト〜慈愛あるアプローチ集中講座を開催しました。



Hands-On+2016+2_convert_20160307235838.jpg



ハンズオンを通じた
アシストそしてサポート


修正・なおす等の言葉についての考察から
心地良い&よく無い、力の使い方や
「深める」ということの意味や
示唆的なものについて
どういう触れ方が良いのか
日本という文化・場所にいることで
見えないことについても言及しました。

慈愛あるアプローチでは
もちろん「ハンズオンをあえてしない」ケースについても
学んで行きます。

その上で
ハンズオンを選択するのかしないのかを判断する
その目と勘を養い
そしてまた配慮したり
想像力を働かせることと
そのアプローチについてお伝えしました。

自信を持って、そして慈愛深く
確かなサポートやアシストができるよう
常に、学びを重ねる姿勢が必要です。

それはテクニックだけのレベルにとどまらないと私は思います。




Hands-On+2016+3_convert_20160307235947.jpg



結局のところ
それらは
慈愛 (Loving Kindness) から始まるのだと思います。
それなくして
洗練されたハンズオンは不可能なのではないだろうか
とさえ思えるほどです。



ハンズオンはマストではない。


だけど、その一方で
ハンズオンには、それを通じてしか導けないものがあります。
そしてまた
その他のアシストやサポートの方法では得られ無いような
とてもパワフルで
深い恩恵があります。

プロとコンのどちらかでなく
その両方の間で
もっとも最善のものを
適切に選択できる能力。

そうしたことについて
いろいろ探りながら
アラインメントについても確認してゆきました。

力づくでない方法で洗練をもたらす

そうしたハンズオンを
Yoga Madhya では奨励し
指導しています。

集まりはとても楽しく豊かで
そしてミラクルのような時間でした。

こうした集まりの一部としてその場にいることを
毎回本当に嬉しく思います。

ヨガ

ほんとうに素敵だなと思います。
そして、教えるという道を大切にしている人たちも
やっぱりそれぞれとびきり素敵だなと思います。


Love & Light


Kaori


スポンサーサイト