FC2ブログ

大人の対応

 13,2015 17:40
ヨガに携わっていると
教える側学ぶ側にかかわらず
たくさんの人に出会います

いろいろな経験を持った人に
いろいろな価値観を持った人に
いろいろなステージにある人に

私たちはそれぞれ
ユニークな経験を重ね
毎日変化の中を生きています

だからもちろん
違って良いのだし
同じ視線を共有しなくてもいいい

興味なければ
素通りでよいし

同意できなければ
その違いを表現してもいいし
沈黙してもかまわない

迎合などと
誰も喜ばない
小手先の細工など不要で

知らないことを
知っている振りしなくてよいし
それを恥じる必要もない

好きだと
素敵だと思うことを
政治的に抑える必要もなく

それを表現するのに
躊躇などしなくてもよい

大人の対応とは

それらを
そのまま

現実を
ありのまま

自分も環境も含めて
受け取れる度量だと思います

年齢を重ねてるかどうかは
あんまり関係ないね

若くて
切れ味良い洞察もつひともいれば
年齢重ねても
視界が靄がかったままのこともある

生きていく中で
外交と政治としてだけでなく
大人の対応ができる人は
とても魅力的だなと思います

大人の対応には
深い慈愛がある

いろいろな人の
いろいろな経験を
尊重できる度量

少なくとも
自分も他人も
そのように見守る余裕

そうしたものを
育てるように
ヨガのプラクテイスを使いたいと
私は思います

それは
逆さまになったり
プレッツェルになったり
あるいは哲学と称して
それをもったいぶって意味づけしたりとか
そういうこととは違うね

だけど
それもまた
過程であることに違いはない

そして
否定する必要もない

大事なのは
そこで開き直るんじゃなくて
その先にあるものに
目を向け心を開いていたい
その深みと智慧を
覗いてみたい
という気持ちを覚えておくことだな



病院で
診察の長い列を待ちながら
ときどき白昼夢交錯する中で
思いました

長かったわ

6時間・・・

大人の対応が
試されるということか?

ふふふ



IMG_4957_Fotor_convert_20151113174909.jpg

やはり・・いつもの薬のお出まし。できるだけ飲まずに頑張る。
明日からこのスカーフが私の腕を吊るしてくれます。




Love & Light






スポンサーサイト