FC2ブログ

9月京都タミサ特別クラス

 15,2015 15:49
9月京都タミサ特別クラス


9月の京都TAMISA特別クラスのご案内です。
9月は週末に4本、そして新たに平日に2本クラスを開催させていただきます。

8月は1ヶ月おやすみをいただいて
ゆっくりと熟成するような時間を過ごしてきたいと思います。
そして9月からは、またそこで学んだことや
気づいたことなどを少しずつひもときながら
豊かなプラクティスの時間を皆さんと分かち合ってゆければと思います。

9月の特別クラスですが
TAMISAスタジオでは初めてのプログラムが3つ開催されます。

英語によるヴィンヤサのクラス
ヴィンヤサの基礎のクラス
そして
フローとリストラティブのコンビネーション

また多くの素敵なヨギとの出会いを楽しみにしています。


Love & Light

Kaori



IMG_4107_convert_20150615173928.jpg




日 程: 9月12日土 16:00-17:20 Vinyasa オールレベル in English *
            17:30-18:50 Vinyasa 基礎 *
     9月19日土 14:30-15:50 Vinyasa オールレベル
            16:00-17:20 Yin & Restorative 隂&リストラティブ
     9月24日木 15:00-16:20 Vinyasa 基礎
            16:30-17:50 Flow & Restorative フロー&リストラティブ *

*印が付いているクラスが、新しいプログラムです。いろいろと楽しんでいただければと思います。

会 場: TAMISA 三条寺町スタジオ
料 金: ドロップイン¥2,700(マット込)
     レンタルマット¥100
お申込: ご予約は下記のリンクより、
     直接 TAMISA までお願いいたします。
     
【Kyoto TAMISA Contact】





Vinyasa All Level アラインメントフロー・オールレベル
呼吸をベースに、呼吸が動きを導くようプラクティスを重ねるフロースタイルのヨガです。アサナのアラインメントに留意しながら、多様なアプローチを通じて透明度 (Clarity) が増すようプラクティスしてゆきます。毎一瞬に心を注ぎ、丁寧に観る姿勢 (Mindfulness) を通じて、身体と思考のパターンへの気づきを促し、アサナからアサナへのトランジションを大切に、感性と感覚を目覚めさせ、慈愛とオープンネスを育んでゆきます。

Vinyasa All Level アラインメントフロー・オールレベル in ENGLISH
TAMISAは、京都という土地柄もあって、International なコミュニティです。今回は英語によるクラスを楽しんでいく特別クラスになります。指導は全て英語になります。海外からの旅行者の方から、国内でも英語による指導を希望される方、あるいは今後慣れていきたいという方を対象にしたヴィンヤサのクラスになります。もちろん英語が不慣れという方でもご参加いただけます。フレーズは時に日本語になおして指導してゆきます。慣れてくると英語による表現が、かえって新鮮な気づきをもたらすことにつながるかもしれません。臆せずご参加ください。

VInyasa Basics アラインメント・フロー基礎
このクラスはヴィンヤサを楽しむ為の土台を築くクラスになります。呼吸への意識を育てることから始め、丁寧なアプローチを重ねてアサナに取り組んで行きます。クラスは補助道具を使用することで、より一層プラクティスの方向を明確にしてゆきます。基礎はあらゆるレベルのプラクティショナーが定期的に立ち返る場所だと私は考えています。ヴィンヤサを初めてプラクティスする方から、怪我や故障を抱えている時、年配の方、ゆっくり丁寧なプラクティスを重ねたい方から経験者までお勧めします。

Flow & Restoratie フロー&リストラティブ
このクラスはフローのプラクティスを楽しんだ最後にリストラティブのポーズを使って、長めのシャヴァサナに入ります。適度に身体を動かしてスペースを開き、ゆっくりとスローダウンすることでリフレッシュしてゆきます。

Yin & Restorative 陰&リストラティブ
陰ヨガとリストラティブはどちらも受動的なプラクティスですが、両者はとても違った質感を持っています。この特別クラスでは、陰ヨガを通じて身体を開いた後、リストラティブで習慣化した緊張を解放し、身体と心に回復と再生がもたらされる環境を作ります。静寂の中で二つの違ったアプローチを通じて自己という存在について内観してゆきます。



xOM


スポンサーサイト



Comment 0