FC2ブログ

秋ですね

 05,2010 18:16
朝晩の暑さが和らいできました。季節が変わるのをひしひしと実感します。日々の場面のあちこちで Impermanence (無常)を実感するときです。仕事の面でもぼちぼちと変化があります。変化をどう受け止めるか。流れに身を任せるように、でも、気負い無く Responsibility を果たしながら、受け止め、包み込んでゆきたいと思うこの頃です。

生きていることはすばらしい。人生は本当に美しいと思います。

hold the sadness and pain of samsara in your heart and at the same time the power and vision of the great eastern sun. then the warrior can make a proper cup of tea. . . (chogyam trungpa rinpoche)

輪廻の悲しみと痛みを心に抱きつつ、大いなる東の太陽の力とヴィジョンを持つ。そのとき、戦士は最高の一服の茶を立てることができるのだ。(チョギャム・トゥルンパ・リポシェ)

この言葉は、生きるということを考えるとき、いつも頭に思い浮かぶ言葉です。

シャンバラ派のチベット仏教で70年代特にアメリカで人気のあったCTRは、彼自身、大いに迷い苦悩した一人ですが、OMヨガのTTで副教材であった彼のコレクションからは、いろんな意味で多くを学びました。注意深く読むともちろん矛盾や構築主義的なところがあるのですが、それでも、そしてそうであるがゆえに、興味深く、私にとては、何度も立ち返って、自身に問いたくなる本です。鈴木大拙やアラン・ワッツとあわせて好きな哲学者のひとりです。



スポンサーサイト



Comment 0