FC2ブログ

そして今年も手帳・・・

 21,2014 17:22
再び来年の手帳の季節がやってきました・・・。

毎年、あれやこれやと変遷する手帳。

去年と今年、ヨガとプライベート関係のスケジュール帳2冊使いという、
ややワイルドな戦略で対応してみました。
お世話になっていたTYGさんから
毎年ヨガ手帳をいただくというありがたい状況もあって、
そんな贅沢が可能だったのです。
昨年の記事はこちら

理由は、私の場合1冊では書くスペースが足らないからなんですが、
2冊使いは、正直なところ、手間です。

昨年は iPhone のカレンダーも使いつつなので、
さらに混迷を極めた感じ、笑。

書くスペースが足らない・・
好きな手帳がみつからない・・・
と、去年ブログに書いたところ、
・・・ひょんな事からスケジュール帳をいただきました。


IMG_4303_convert_20141021201925.jpg


それがこの一番手前にある Papaer Blanks のもの。
しっかりしすぎてて、私としては、やや持ち運びには不向きでした。

ですが、何より装丁が美しく紙質も素敵で、
久しぶりに「書く」という行為が楽しみに。

「書く」ことに再び「目覚める」
あぁ、良いね、良いね。

長らく横に追いやられていた、書く事の楽しみを思い出した感じ。

今年は、ヨガ&プライベートという使い方をやめて、
スケジュールの管理は一切 iPhone にしました。

そして、スケジュール帳はダイアリーとして使用しました。
まぁ、日々の覚書のようなもの。
スケジュールを補完するような内容から、
ありとあらゆるものを書き留めておくためのものとして。

この形で使って行くとかなりクリアになりました。

日常に必要なスケジュールは Mac & iPhone が管理してくれるし、
日程変更なども便利だし、同期してくれるし、
あとは覚書&雑記帳として1冊スケジュール帳があればよさそうです。

とりあえず、もっと他にもあるかも・・・とネットでいろいろ探ってみたものの、
日本って紙質や装丁に工夫のあるノートってあんまりみつからないような?
もう少し、薄手でソフトなカバーのものもいいなと思うのですが、
今のところ、ぴき〜んっと響くものには出会えませんでした。

というわけで、スケジュール帳は今年も PaperBlanks で同じものを・・・
と思ったら、この模様は無いみたいなので、別のデザインにしてみました。
美しい表紙は素敵だし、スケジュール帳って感じがしないのもよいです。


昨年、書くことに再び楽しみを覚えてから、
留学時代に書いていた「なんでもノート」を思い出して、
ひっぱり出して来て読み返してました。

写真の一番奥の装丁がとても素敵なノートがその一冊です。
このノートもいただいたものです。

目にした風景やら、
印象やら、詩やら、ストーリィやら・・・
たまにイラストもあったり・・・
写真も挟んだり・・・
なんでもかんでもランダムに書き記していました。
中は無地です。

また、こんな風に書くことを楽しんでゆきたいと思います。

以前、スリランカ産の手漉きのノートを手にいれたのですが、
そうしたノートに出会ったら、集めておくのがよいかもしれないですね。

ダイアリー以外に、ブランクのノートをもう一冊。
そして、母にもらった美しいブルーの万年筆をまた使っていこうと思います。
これも、帰国してからは、机の引き出しにしまったままになってました。

「書く」という行為が特別なものになって、
日常の一部を占めるようになると、
生活が少し変わります。

2015年は、また日常のトーンが少しづつ変わって
シフトしてゆく予感がします。

楽しみです。

Love & Light








スポンサーサイト



Comment 0