FC2ブログ

Yoga Madhya について

 24,2014 08:17
Yoga Madhya について


ヴィンヤサのトレーニングの告知やフライヤーの上に「Yoga Madhya」ってあるんだけど、Yoga Madhya って何??
って、思っている人もいらっしゃるかも・・・?笑

私がこれからタックルするこの課題について、一部周りの人にも相談したりしながら、ぼちぼちと具体的な形にしてきました。

昨年以来、さてどのタイミングで?・・・と頭の隅にプランは持ちながらも、渡米やトレーニングの予定があってなかなか実行に移せずここまでずるずるっと来てしまいました、笑。

Yoga Madhya はヨガスタジオです。
Yoga Madhya は人が集まるサンガとなるような場所にしたいと思っています。
Yoga Madhya は年齢そして性別を問わず、だれもが安心して心置きなく身体を開き、心も開ける場所にしたいと思います。
Yoga Madhya は慈愛深い場所にしたいと思っています。

Madhya の意味は Middle あるいは Inbetween。
つまり中間という意味です。
Middle Path(中庸)自分にとって適切で心地よいバランスを探すプラクティスを重ねる場所です。

中庸は難しい。

バランスよく生きる事ができればいいけれど、実際にはなかなかうまく行きません。
うまくバランスをとることにしがみついたり、あるいは、常に完璧なバランスであろうとしたり。
そんなことを目指さなくても良いと知ることから始める場所です。
そして、何度も、その最初の段階の最も大切な事を、繰り返しプラクティスする場所です。
それがうまくいかなくても、誰もがそのままで良いことを学ぶ場所です。
そして、自分であること、そのままであることにリラックスできますように。
そのことが、日々の生活に潤いと喜びをもたらしますように。

そうしたヨガのスタジオを来年開きたいと思っています。

やっぱりやってみようと思ったきっかけは母の怪我です。
手術の後、身体が横にくの字に曲がってしまった彼女が、また自分の足で立ち、ほぼ日常を何の障害もなく一人で生活できるまでに回復する過程を見て、身体がもつ回復力と何より続ける事の原動力となる希望ということについて改めて学びました。

そして、仕事と家庭の両立で疲れている妹を見て、同じようにがんばっている人たちが、忙しい生活の中でもプラクティスの時間を楽しみに、リフレッシュすることの喜びを満喫できるような場所を作りたいと思いました。

ヨガはウェルネスに繋がると私は信じています。
それは共通事項はあるものの、治療が目的のものとは少し違った質のものです。
ヨガは身体も思考も心も含めて小さな気づきを重ねる事で恩恵に繋がります。
その過程には、たくさんの前に進んで後ろにさがる繰り返しがあります。
内省しては行動へと繋げ、また内省しては行動へと繋げることを繰り返すプラクティスです。

そうしたプラクティスを、アグレッシブでなくリラックスして重ねることができる場所を作りたいと思います。

さて、その前には、やらなければならない事が沢山です。
そして、実は、その「やらなくてはならないという事」に少し圧倒されてもいるんだけど・・・ふふふ。

それと同時に、夢だけはどんどん広がってゆきます、笑。

でも、実現するしないにこだわらず、ひとつづつ今までのように重ねてゆくことを楽しみたいと思います。

来年のオープニングに向けてゆっくり歩み始めてゆきます。

さて、どんな風になるのかなぁ。

どうぞ楽しみにしていてください❤


Love & Light

Kaori









スポンサーサイト



Comment 0