FC2ブログ

ヨガマット(7)AGOY

 15,2013 17:17
私のヨガマットを巡る旅には結構なものがあると思います、笑。

色々なマットをファションや目新しいものを試してみたいというのとは違って、私の場合、マットの問題は切実です。

基本的に滑るのはとても困るので、滑らないということがトッププライオリティです。
滑るのはアラインメントなどの問題だけでなく、私の場合、汗などで濡れたマットの上で、「ツルっ」と脚が数センチ動くその衝撃が、時に、腰椎の怪我の場所にひどい痛みを引き起こし、失敗すると暫く動けなくなる事があるからです。

そうした痛みの記憶は恐れに繋がるので、プラクティスが楽しくない。

家でするプラクティスには私はアシュタンガのコットン・ラグを湿らせてプラクティスしています。
これ以外にあり得ないという位、私にはなじみです。
ただ、以前にも書いたように、濡れると重いので持ち運びには不向き。
とはいえ、NYCに住んでいた時には、家が近くだったので、このマットをくるくるっと丸めてふら〜っとスタジオに行ったりもしました。

マットが大きな課題になったのは、日本に帰ってきてからです。
NYCに戻るたび、どのマットを持っていくのかはいつも頭を悩ませる問題でした。
だいたいラテックスを使っているのは重いし、一週間程でアレルギーが出てそのままでは使えない。
上に重ねるスキッドレスはアレルギーにはいいけれど、ぺろぺろと足元が安定しないし、足の裏で感じるしわが気になる。

あれやこれや向こうで調達しては、帰国前に安くで売ったり、友人にキープしてもらったり・・・。

なんだかんだと悩みの種です。

アレルギーが酷くなった時など自分のマットが使えず、さりとて上に引くオーバーレイのマットも何かの都合で使えない時など、いわゆるスティッキーマットしかそのスタジオにないと、プラクティスが始まる前から、心の中にざわざわしたものを感じます。

そうした恐れにはもう慣れっこになっているし、だいたいマネージできますし、どこか頭の中で用心しつつプラクティスするわけだからそれほど大きな問題ではありませんが、やっぱりそうした「心もとなさ」「漠然とした不安」みたいなものを心の深い底で感じながらのプラクティスはやっぱり楽しいものではありません。

なんというか、用心しながらなので、なにもかもが中途半端で、身体も心も十分に開かれない感じです。

で、この夏の渡米の時にも、マット・・・・どうするかな?と思っていました。

前回購入したラテックス・フリーはクッションはあるものの散々なマットだったし、もう一つは滑らないけれど薄いラテックス入りのトラベルです。その中途半端な2本が私をNYCで待っていました。

マンドウカのスキッドレスを洗い替えも含めて持っていかないと・・・荷物になるなぁ〜・・・。

マットって毎回悩みの種だわ・・・っと、そんな折り・・・・。

ちょうど渡米前あたりに、スタジオでAgoyのマットが販売されはじめました。

基本的にマットに関しては、新しいものとか、ブランドというのでは私の食指は全く動きませんので気にもとめていませんでした。

ところが、スタジオでお試し用にAgoyのマットが置かれ、クラスに来られている人たちがぼちぼち試していてその感想を小耳にはさんで・・・・「ふむ?」


575152_10201627294745640_2044651372_n_convert_20131015170926.jpg
(購入したその日の写真)


「そんなに滑らないの?」
(だいたい、みんな滑らないって言ったって、私が期待する滑らない感じとは違うんだよな・・・と心がささやく、笑)
っと、マットを触ったり、会話に入りつつも、まだまだ「ふぅん」って感じ。

ですが、数回のクラスで何名かの違う人たちからの一様に「滑らないです!」という感想を聞いて、なんだか気になります。

「へぇ?ほんまに、ほんまに滑らない? ちらっとも? 汗で濡れてても??」

「滑りませんよ〜。 滑らないという点では本当に滑らなかったですよ〜」

「そうかい? ところで、これ素材は何? この上の黒いの、なんだかんだってやっぱりラテックス入ってんじゃないの?」

っと、ひょっとしたら、試してみてもいいかも・・・という気持ちになったのが渡米直前のクラスが終わった後・・・。

スタッフののりちゃんが、素材の表示をチェックしてくれます。
「一応、ラテックスっては書いてないんですけど・・・」

ふ〜ん、しかし、このXXとか◎◎とかなんなんだろ・・・?っと頭の中でつぶやく。これもゴムの一種じゃないのか?とやや不安・・・。 しかし、”今日”決めて購入しなければNYCには持っていけない・・・・ドウスル?

ええぃ、賭けてみるかな?

とりあえず買って持っていって、ダメだったらあちらで誰かに引き取ってもらうことにしよう・・・と、その場で購入し、あぁ、ラテックスフリーか、せめて含有量が極小のマットだったらいいけど・・・。

そして・・・。

そのマットの上での初めてのプラクティスは、足の裏で感じる素材がやや最初は奇妙に感じましたが、久しぶりに心地よいものでした。

何より、使い続けてもアレルギーがでてこない。
上に何かを重ねて敷く煩わしさもないし、そんなものの事を考えなくていい。
滑って、腰に衝撃が走る事も(まぁ)無い。
薄手のトラベルじゃないから、ある程度クッションもある。

かなりいい。

「滑る不安もなく、アレルギー反応の不安もないマットが出たんだ・・・・。」

今回の渡米では、足の怪我で大変でしたが、それ以外の時、プラクティスは本当に快適でした。

ディスクが潰れ狭窄している腰椎とラテックスアレルギーの両方を持つ人は、そういないとは思いますが、その私が快適なのだから、ラテックスアレルギーを持っていて滑らないマットを探している方には、まず、おすすめのマットです。


Namaste





スポンサーサイト



Comment 0