FC2ブログ

バランス

 04,2013 10:12
紅茶。好きなのです。

お茶全般、何でも大好きなのですが・・・。
香りの良いものには目がないです。
そして色の美しいものにも・・・。

フレーバーのついたものも好きですが、何よりそのお茶のナチュラルな香りに魅かれます。

紅茶はついつい飲み過ぎることも。
日に何杯も飲んでしまう事もあります。

そういうのは、いつもよくない信号です。
紅茶が何杯もやたらに飲みたくなる時というのは、バランス崩している時。
だいたい、何かに追われてて、ストレスが溜ってる時です。

そういう時は頻繁に本当に連続して欲しくなります。

ほっと一息、いえ、「ひと呼吸」できればいいんだけどなかなかそれが難しい。
というわけで、その代用にならない代用として、紅茶に走ってしまう始末。

甘いものもそう。
食べたくて仕方が無いような時。
食事よりも甘いものを優先させたくなる時。

そういう時はやっぱり赤信号なんです。

でも、往々にして、それに気づいていながらなかなか抜け出せなかったり、ずるずるっとそのままで突っ走ってみたり。

春ぐらい、特に、5月に帰国してから、不思議なことにだんだんと甘いものを以前ほど欲しなくなりました。

本当に不思議なんだけど・・・。

紅茶も一日一杯を楽しんだら、それ以上は欲しいと思わない。

たまに一杯も飲まない日もあったり。

すると、紅茶の時間をもっと楽しめるように。

何かの作業しながらがぶがぶって飲むんじゃなくて(笑)、作業しながらでも、ほっと一息ついて、香りを楽しんで、色を楽しんで・・・そんなスペース(余裕)が自然と生まれる。

あえて、そうしなくちゃ、という意思を働かせなくていい。

中には、お菓子類を殆んど食べないし、お茶やコーヒーもあんまり飲まないっている方もいらっしゃるでしょうが、渡米前の私の状態と比較すると大きな変化です。そして、その変化は小さな波を重ねながらゆっくりと今の時点へと至りました。

穏やかです。

そして、リラックスしてる。

こんな状態は久しぶりです。

ふと考えたら、肩の調子が良くなり出したのも3月ぐらいからでした。

そして帰国した今、肩の可動域はほぼ90%ぐらい回復しています。
まだ、圧迫したり筋肉を緊張させると痛みがありますが、日常に痛みを感じる事は殆んどありません。

身体の中にスペースが出来ると、心にもスペースができる。
自然と生活の中にも良いバランスが生まれてきました。

そしてこれは双方向に働きます。

全ては関係性の中にある。バランスの中にある。

身体も 心も 今という自分の生活の場も 

身体をみて
心をみて
自分の生活のペースをみて
食生活をみて
思考をみて
それらのパターンをみて

さらに

動き方や
呼吸の仕方や
意識や
視線の向け方や(文字通り視線とそして思考と)

はらりとした心のゆらぎに
ふとした暖かさに
じんわりとした寂しさに痛みに

それを観る事で
自分の今の位置がわかります。

ヨガで幾度となくこの話をします。
完璧を求めたり、理想という幻想につい取り込まれてないか、ちょっとチェックしてみる。

もちろん私も例外なく、やっぱりいつの間にか達成感を求めてたり、目的がプロセスの先に来るような思考をしていたりすることがあります。

揺れる自分をみつめ、何度も何度も同じ事の繰り返しのようなプラクティスを重ねること。

同じ場所に居るように見えるけど毎回違う。

その億という繰り返しの中に、クラリティが、バランスのとれた状態が、浮かび上がってくるのだなと思います。





















スポンサーサイト



Comment 0