FC2ブログ

座るようにつとめる

 30,2013 08:01
毎日、甥と一緒に、座るように努めています。

1時間程座る時もあれば、15分で終わりにする事も。
そのうち15分は、甥と一緒に座ります。

瞑想のおかげなのか、空手のおかげなのか?
最近では、まぁまぁちゃんと座っています、笑。

さらに・・・実は、ふ〜んって心の中で思っているんですが、毎朝定時にそれをすることをあまり苦痛に思っていない様子。むしろ、毎朝の瞑想を楽しみにしているような・・・!?

実は、私はたまに寝坊します、苦笑。

で、登校前のばたばたする朝の時間に、私が間に合わないことも・・・・。
すると・・・

「昨日は来なかったね・・・なんで?」と、やんわり指摘されます、苦笑。

今は、季節が良いので晴れている日は屋外で。
ベランダで、大きな栗の木の葉の間からさす朝の光の中で座ります。
雨がふったら、ガラス戸を出来る限り全開して、外気を感じながら座ります。

朝の空気の中で座るのはやはり気持ちがいい。


やることは、座る姿勢を学ぶ事。
安定した土台をつくって、肩の力をぬいて、リラックスしながらそこにあることができるように。

時々、背中は丸くなり。
時々、小さく揺れてたり。
時々、頭は重くなる。


朝の空気はひんやりで
プリズムのような光を浴びながら
風を感じたり
時に鳥の鳴き声や
羽ばたきや
カエルの声に
遠くを電車が通過する音
車が前の道を通過したり
通勤へ急ぐ人の足音まで

そんな日常の中で
ぷかぷかと流れる空の雲のような思考の中で

何度も呼吸へと戻って来る作業を繰り返します。

どこへいくわけでもなく

ただ、今、この場所へ


終わったら、「今日はどんな風だった?」って聞く事にしています。

彼の感想はどんなのでも楽しい。

どんな日もあることを、ぼちぼちと感じ、学んでいるようです。

そして、その言葉が
自分の経験を表現する言葉が
すこしづつ、ほ〜んのすこしづつ
豊かになってくる

そんな言葉から、ふと私も気づかされたり、学んだり

朝が苦手な私ですが、努めて座る朝の時間は大切な時間になりました。




















スポンサーサイト



Comment 0