FC2ブログ

YEAR-END Restorative, Ultimate Relaxation 特別クラス

 19,2012 22:07
先週末はTYGでリストラティブの特別クラス Ultimate Relaxation - Revitalization and Rejuvenation をしました。今年は夏が暑かったせいか、秋以降なんとなく体調がすぐれない状態が続いた人が多くいらっしゃったように思います。クラスを教えていると、クラスのエネルギーやプラクティスから、皆さんのコンディションが結構感じ取れることがあります。リストラティブ・ヨガ必要なんじゃないかな?って思うときは、レギュラーのクラスでも最後に入れたりすることがあるのですが、今年後半は特に多かったように思います。

そういうわけで、年末に特別クラスをしましょうという話になりました。年末は何かと忙しく、気ぜわしい季節なので多くの方がたまった疲労から抜けられないと感ていらっしゃるようで、リストラティブをプラクティスすることで、少しでも身体と心の回復と再生に繋がれば・・・という思いでした。

リストラティブもやはり毎日少しずつ続けるのが望ましいとは言うものの、自分でセッティングし、そうした時間を作るのは、なかなか難しいというのもよくわかります。というわけで、90分全てリストラティブという贅沢な時間を使って、身体全体からじんわり力を抜いてリラックスするプラクティスをしました。スタジオでアジャストを受けて行うプラクティスにはまた別のメリットがあると思うので、お疲れ気味の皆さんのリフレッシュと疲労回復に繋がるような機会になったのであればうれしいです。

今回の特別クラスでは、いつもと少しアプローチを変えて、最初にBreath Awareness(呼吸へ意識をうながすプラクティス)に時間をかけ、身体をリラックスさせてゆきました。90分のプラクティスは実際短く感じるほどです。もう少しプロップがあるとさらに理想的だろうなと思う場面もありましたが、そんな中でも、クラスの最初と最後では、身体の体積が変わったようにすら見えるほど、全員が力を抜いてリラックスしていたように思います。


restorative_convert_20121219220301.jpg

皆で蜜のように豊かな時間をシェアし合いました


リストラティブのプラクティスは回を重ねて、だんだん慣れてくると、力を抜いているつもりでいて、やはりどこかに力が入っているのがはっきりとわかるようになってくると思います。プラクティスを豊かにするには、丁寧にプロップをセッティングすることが大切です。また、ポーズに入るときもちょっとしたことに気をつけることで、より心地よいプラクティスの時間を持つことができます。
リストラティブはまた、身体的なリラクゼーションと共に、より一層内省するような機会となります。心と身体は蜜に繋がっているので、心の緊張がそのまま体の緊張につながります。時に、開くこと・力を抜くことが困難で、落ち着かない気持ちになったりする時でも、今の自分の状態を批判したり・責めたり・ダメだと思わずに、そうしたプロセスもまた楽しむようにしてみると良いと思います。リストラティブヨガもまた回を重ねるごとに豊かに深まっていくのを楽しむことのできるヨガですよ。

クリスマスとお正月のホリディ・シーズン、もし、一つでもリストラティブのポーズを知っていたら、お家で試してみられるのをお奨めします。

そして・・・

冬のホリディー・シーズンが終わった1月末に、再びリストラティブの特別クラスをTYGで行います。

今回のアプローチをさらに洗練されたものにするよう、しっかり準備してゆきますので、興味のある方は是非試してくださいね。


Namaste




スポンサーサイト



Comment 0