FC2ブログ

手放すということ

 23,2012 02:54
 昨日、土曜日はOMの14周年記念のBirthday Partyがありました。

今回はDJも呼んで、XXもあって、ZZもあってと、かなり盛りだくさんで皆がワクワクしている様子。シンディもふらっと私たちがいるスタジオに入ってきたかと思ったら、右足を見せてくれました。「タトゥーをいれちゃったっ!」梵字でOMと書いてありました。できたてのホヤホヤ・・・まだ周辺はふんわりピンクに腫れていました。

う~ん、タトゥー・・・こういうのを見ると入れたいという気になってしまいます・・・笑。

朝、自宅を出るときは、さてさてこのパーティの様子をブログでちらっと皆さんに紹介しようって思っていたのですが・・・・。

朝から雪で浮かれ調子の私は、OMまで舞い降る雪の中を歩いた挙句、病み上がりの絶不調もなんのその、クラス2本を受けた後、さらに友人のナリサラがする陰ヨガ&リストラティブのクラスをトリプルで受けました。

12時から5時までの間、トイレ休憩をのけて延々のプラクティスは、流石に連日連夜咳による攻撃を受けた身体にはこたえたらしく終わったあたりから微妙に熱っぽくなってきました。

これは怪しい雲行き・・・。

そもそも汗でぼとぼとに濡れたウェアが半渇きになって寒い・・・。
お友達にはパーティで会おうね!なんて約束したものの、この湿ったウェアでパーティまで残ってるのはどうもやばそう・・・・。

というわけで、ここは明日もあるからと、パーティはあきらめて家路に着きました。

さぁ、そこからです・・・。

またも熱がだんだん上がり、咳は延々と呼吸をする隙間も与えてくれません。一晩、自分のうなり声(あ、本当に身体が苦しいときって、人間うなり声をあげるんですよね・・・)をうつらうつらする中で聞きながら、状況はかなり悪いなって思いました。

さて、今日曜の朝、とりあえず熱は下がってきた様子。

昨晩あんなに苦しんだのに、ほんのちょっとラクになるとプラクティスに行きたくなるのです。今日は日曜日。日曜といえばエドワード三昧の日なので絶対外したくないなぁ~・・・・って・・・。

ごぉんごぉんという咳が止まらず、頭もじわりと痛いので、おそらく熱はあるのでしょうが、不思議と行けてしまうような気がしてしまいます。精進というより、執着それも握り締めて離さず、まさにそのことが自分を痛めつける状況になっているのに、それが特別な苦労や努力して奮い立たせるでもなく、全く普通にできてしまいそうに思っちゃうわけなのです。

エゴって、なんてピッタリと隙間無く、吸い付くように張り付いたものなのかと思います。極端にバランスを欠いていると、全体を見るということが全くできなくなるのですね。ふと、こんな時のプラクティスはどんな風になるんだろう?って思います。

ここはひとつ、特別に大好きな日曜のエドワードをあきらめて療養することにしました。

あぁ、だけど手放すということには、勇気が要ります・・・大いに葛藤した日曜の朝でした・・・・。

パーティを手放すのにさほど苦労しないけど、プラクティスを手放すのはいつもつらいね・・・。









スポンサーサイト



Comment 0