FC2ブログ

暖かいヨガウェアだけど・・・

 10,2012 16:39
さて、四苦八苦したパッキンもほぼ完了し、しばらく書いていなかったヨガウェアのことを書こうと思いつきました・・・・。

この冬は極寒のかの地に行くことも念頭に、そしてこの数ヶ月腰の調子がすこぶる悪い事もあって、とにかく暖かいヨガウェアに固執しました、笑。

極寒のかの地(ここではNYC)と書きましたが、留学していた時はそれ程寒いという感じがしなくて、あんまり大阪・東京辺りと変わりないなって思っていました。もちろん、雪が降るとやっぱり積もりますし、時にひどく気温が下がってその冷気がムートンの手袋の縫い目から突き刺すように入ってくるなどという日もあります。あまりに気温が低くなって、アパートから大学院までのほんの10分くらいの距離を歩いただけで、膝がきしきしと痛みだして、授業中もしばらく震えが止まらないということもありましたが・・・。「骨を突き通るように寒い~!」なんて叫んだりしてましたが(笑)こうした日は続いてもほんの数日だったように思います。

さて、ヨガウェアですが、もう暖かさというこの一点においてやはりルルに勝るものはないですね・・・笑。さすがにカナダのブランドだけあって、冬物の防寒度は逸品のように思います。とはいえ、NYC時代には一着も持っていなかったのですが・・・。デザインも素材も好きではなかったので、流行ってはいたものの、気にも留めないという感じでした、笑。

NYCの屋内はすこぶる快適に暖かく、だいたいTシャツやタンクトップで生活できる状態なので、ヨガスタジオも例外ではありませんでしたから、それ程暖かいウェアに固執しなくても特に支障はありませんでした。私が住んでいたアパートは、セントラルヒーティングが時に暑い位で、よくアパートの窓を全開して温度調節したりしました。

何故温度調節しないのか?と思われるでしょうが、ビルが100年ぐらいのクラッシックなものだと、ヒーターもやはりクラッシックで、各部屋単位での温度調節がそれほどうまくいかず、無理に触ると壊れるので、窓を開けて温度を調節してくれと、スーパー(superintendent)に言われるわけです。なので、タンクトップで汗かきながら頭がボーっとしてきたら、真冬のしんしん冷える夜に、窓を開けて調節するという、なんともエコと逆行することをしなくてはならないのです。このヒーターの矛盾に友人も疑問を投げかけていました。

ちなみに、このヒーターが入るまでの端境期が曲者です。NYCの気候って意外と読めなくて、晩秋に突然夏のような気候の日があったり、あるいは、うららかな初秋に、突然極端に冷えることもありました。気候がぐんと冷えてアパートがそれぞれヒーターをオンするまでの数日間、家の中でダウンを着るというような状況に陥ることも・・・笑。

しかし、一旦ヒーターが入るとすこぶる快適。そんな環境になれてしまっていたので、日本のスタジオの底冷えのような冷たさには正直閉口しています(笑)。足元からしんしん冷えるので、帰国してからは毎冬より一層暖かいものを・・・っとヨガウェアを探してまるでノマドのようです。正直日本の冬は寒いです。NYCよりも寒く感じます。

そんな中、今年初めて買ったルルのジャケットはすこぶる暖かいものでした。ジャケットに加えパンツもびっくりの暖かさです!(驚)リバーシブルになったシャツやレギンスなどはもう手放せなくなっています。暖かいウェアをお探しの方は、このリバーシブルになっているものをお奨めします。

この実用性から、私としては特に冬の季節ルルのウェアにはお世話になっています。特に丈が長めでヒップをカバーするジャケットと長袖のTシャツ、そしてレギンスはとても気に入っています。特にどこか故障がある場合、その部位を暖かくして常に血流を良くしておくことは大切なので、私の場合冬は上に着るトップスは丈が長めでヒップを覆うものにしています。

とは言え、ここまで気に入ったものの、タンク等に関してはやはりコットンでないと落ち着かないんです・・・・。昨年購入したルルのタンクは、結局着ることがなかったので、全て手放しました。

っととにかく気に入った暖かルルですが・・・さてNYCに持っていくとなると・・・重い!

ジャケットなど重すぎて・・・とてもじゃないけど長期の滞在で荷物が増える場合なんかには、持っていけませんという感じです。レギンスもルルのものはやはり重いので、軽いコットン素材のものにしようかと思ったのですが、そうなると普段に着るものが別に必要になる。旅行なのでできれば普段もヨガウェアで生活してしまいたい・・・荷物はできるだけ軽く、コンパクトにしたい・・・できればスーツケースは1つにしたい・・・っといろいろ画策しました。

今日に至るまで、出したり入れたりを散々繰り返した挙句、なんとかいくつかこの暖かいルルのシャツとレギンスは詰めましたが、やはり上に着るものは軽いニットの厚手のセーターに結局落ち着くことになりました。

ふむ・・・暖かくて重宝のルルジャケットですが、私には日本の冬でしか使えないという感じです・・・。

スーツケースも結局2つになってしまい、大変な荷物!

さてさて、あちらで極力モノを増やさないようにしなくてはっと思っています・・・・。









スポンサーサイト



Comment 0