FC2ブログ

またNYCに行って来ます

 21,2011 11:15
先日からクラスやブログでちょっとお話ししたり、触れたりしていますが、1、2月とほぼ2ヶ月に渡ってまた、NYCにトレーニングに行ってきます。レギュラーで私のクラスに来て下さる皆さんには、2ヶ月と長くに渡ってご迷惑をおかけすることになりますが、しっかりと修行してスキルアップしてきます。多くの応援とご理解とサポートを本当にありがとうございます。

今回は特に私のトレーナーであったマーギが、このアドヴァンストのトレーニングのためにOMに来るということで、彼女からトレーニングを受けることができるというこんな貴重な機会を逃したくないと思い、渡米期間も長くなってしまうのですが、行くことを決心しました。

マーギがOMに居た頃を知っている人はよくご存知だと思いますが、多くの人がトレーンングを受けるならマーギから習いたいと望んでいました。Advanced から Basics まで偏向なくしかも素晴らしいクラスをする先生だったので、本当にどのレベルの生徒にも大人気でした。深くそして的確な指導とともにヨガ哲学に精通した素晴らしいクラスは今でも皆の間の語り草です。ヨガ・ティーチャーとしての深い知識とともに、瞬間に細部を見、適切な言葉と手によるアジャストメントは仲間の先生の間でも定評がありました。

そんなマーギのトレーニングを受けられる!って思うだけで、わくわくした気分で一杯。マーギに1月に行きますとメイルを送ったら「あなたのティーチングをしっかり洗練されたものに仕上げるわ。あぁ、楽しみ!」という返事が返ってきました・・・笑。そんなステキな先生です。また、マーギから学べる!・・・それを考えただけで何もかも浮き足立ってしまいます(笑)。帰ってきたらマーギから学んだことをクラスに反映できるよう、しっかりと勉強してきます。

マーギのトレーニングだけでなく、ジョーのトレーニングも今回の訪問でとても楽しみにしているものの一つです。また、フランクとエドワードからも引き続きいろいろ学んで来たいと思います。今回のもう一つの大きな目的は、他のスタジオでもレギュラーでプラクティスを重ねることです。いつも訪問が2週間くらいで短かったため、他のスタジオのプラクティスは興味があっても、時間的制約で数回のヴィジターというカンジで終わってしまっていました。もう一人のトレーナーであったクリスティのクラス等、好きな先生達とプラクティスを重ねることができるのはとてもうれしい。すごく楽しみにしています。

トレーニングもそうですが、ひたすらプラクティスに没頭する日々が待ち遠しいです。プラクティスはティーチングを豊かにします。身体的動きから何かを学べるという表面的なメリットではなく、教える立場に立つ私という存在が Spacious であり Clear であることから伝わってゆく何かという点において。ティーチャーのコンディションはクラスのエネルギーを変えます。とても繊細なレベルの話ですが、その繊細な違いを人は意識せずに感知していると私は思うのです。

私はヨガ・ティーチャーを生業として選んでいるので、やはりいいクラスをすること、いい指導をすることを最優先に自分の生活や仕事を考えたいと思っています。色んなチャンスがあり、いろんな選択肢のある中で、ぶれないことはなかなか難しいですが、私が指導することで、クラスに来る方のプラクティスが豊かなものになって、そのことがその人の日々の生活・あり方も豊かにすることに繋がれば・・・と思うのです。いいティーチングをすること。ヨガ・ティーチャーとして、とてもシンプルでチャレンジングなこのことに向かって、一歩一歩のゆっくりした歩みを進めたいと思います。

12月、忙しい時期ですが、渡米前の1ヶ月、皆さんとプラクティスを一緒に楽しみたいと思っています。

またクラスで。


Namaste






スポンサーサイト



Comment 0